読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸兄による源氏物語ブック


 源氏物語についての本を読むと、尊敬すべき諸姉に出会えるけれど、もちろん諸兄の本にも教えられてきた。


 筆頭は橋本治氏。
 『源氏供養』(中公文庫)
 初めて読んだのは、橋本治節に夢中だった高校時代かもしれない。
 源氏物語についてほとんど知らなかったけれど、引きつけられた。
 そして、わたしの源氏物語の見方をかなり決めたエッセイ。


 『写真集  窯変源氏』 写真 おおくぼひさこ(中央公論社)
 初めて「光源氏ってこんな感じだ!」と共感した。
 考証に徹したただの再現ではない、外国人俳優らによるイメージフォトが、源氏物語の本質を見事に表現。
 しばらくは、源氏物語の場面を思い浮かべると、白黒の外国映画のようなシーンが思い浮かんだ。



 つづいて。
 『源氏物語 付現代語訳』(角川ソフィア文庫)
 『源氏物語入門』(新潮社、1972年)
 『鑑賞 日本古典文学 源氏物語』玉上琢弥編(角川書店、1975年)
 源氏物語を本格的に読もうとして、初めて読んだのが円地文子さんの現代語訳(新潮文庫)。
 そのためか、玉上さんの解説になじんだ。

 

 『輝く日の宮』(講談社文庫)
 源氏物語について知ることができたし、源氏物語好きなりに楽しめた。
 失われた巻について、源氏物語の裏側について。
 ただ、世間で評判になったらしい『女ざかり』の記者(社説委員)といい、この蘊蓄・ご意見ご披露小説のヒロイン、研究者が魅力的に感じられないのだ〜。
 働く知的な女性のつもりなのかも知れないが、ふしぎなほど憧れず。
 オバサンの皮をかぶったオゾサン、という評が的確に思う。
 (丸谷才一さんは著名人だが、「まるや」さんなのか「まるたに」さんなのか、いつも忘れてしまう)




 『源氏物語が面白いほどわかる本』 出口 汪(中経文庫)
 ジェンダーもふまえた、現代的で鋭い解釈・批評を読める ―― ○
 タイトルや筆者の経歴からの印象とは違って、深い内容 ―― ○
 3人の会話形式で、わかりやすく表現されている ―― ○
 扱っているのは正編のみ(光源氏の出家を予感させる「幻」まで) ―― △

源氏供養〈上巻〉 (中公文庫)

源氏供養〈上巻〉 (中公文庫)

写真集 窯変源氏

写真集 窯変源氏

源氏物語―付現代語訳 (第1巻) (角川ソフィア文庫)

源氏物語―付現代語訳 (第1巻) (角川ソフィア文庫)

輝く日の宮 (講談社文庫)

輝く日の宮 (講談社文庫)

源氏物語が面白いほどわかる本〈上〉 (中経の文庫)

源氏物語が面白いほどわかる本〈上〉 (中経の文庫)