読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綿矢りさ『勝手にふるえてろ』

年末年始の休み前に、図書館から久しぶりにたくさん借りてきた中で、すぐに読んだのが、綿矢りさの『勝手にふるえてろ』

どんどん読んだ。

前作の『夢を与える』と同じく、綿矢さんって、「イジワルなんだなあ」と思った。

『夢を与える』のテーマも、『勝手にふるえてろ』のテーマも好きだ。

『インストール』はみずみずしいデビュー作、『蹴りたい背中』は青春の小説の傑作。
でも、『夢を与える』の最後の展開のことをよく考える。
夢を与える勝手にふるえてろ